電気製品リコール情報1001

▼松下電工(現パナソニック電工) 電気カーペットでコントローラーに穴が▼

【現象】
松下電工(現パナソニック電工)が1992年より2005年までの期間に製造したナショナル電気カーペット(ホットカーペ・ホッと畳)の一部の製品において、温度コントローラ内部の部品が過熱し、コントローラケースに穴があいて周辺を変色または焦がす可能性のある。

【メーカーの対応】
無料で代替品と交換

【対象機種】

DR2006
DR213
DR2133
DR214
DR2144J
DR2145
DR2145J
DR2146J
DR2147J
DR215
DR223
DR230
DR2300
DR2301
DR2302
DR2305
DR2312
DR232
DR2320
DR2321
DR23220
DR2327
DR2330
DR235
DR240
DR2401
DR241
DR2416
DR242
DR243
DR244
DR246
DR249
DR2507
DR2508
DR2509
DR253
DR254
DR276
DR277
DR278
DR2801
DR3006
DR3007
DR3008
DR3009
DR313
DR3133
DR314
DR3144J
DR3145
DR3145J
DR3146J
DR315
DR31560
DR323
DR330
DR3300
DR3301
DR3302
DR3305
DR331
DR3312
DR332
DR3320
DR3321
DR33220
DR3327
DR3330
DR340
DR3401
DR341
DR3416
DR342
DR343
DR344
DR346
DR349
DR376
DR377
DR378
DR3801
DR5210
DR5221
DR5222
DR5310

DR6200
DR6300

DR8215
DR8315

コープこうべ及び
大阪北生協販売
EC2334
EC2344
EC8232
EC8233
EC8242

【メーカー連絡先】
フリーダイヤル(無料) 0120-550-703
受付時間:7時~23時(2月14日まで毎日)
       9時~21時(2月15日以降、日・祝日を除く)
【メーカー告知サイト】
http://panasonic-denko.co.jp/hot-carpet/index.html

上記サイトには インターネットによる受付もできます。



▼シャープ冷蔵庫 ドアが外れるおそれ▼

【メーカー告知サイト】
http://www.sharp.co.jp/support/announce/sj_info_100126.html

【症状】
通常の使用では起きないが
冷蔵室とドアの間に物をはさみ込んだ場合に、ドアの開閉が重い、開かない、あるいは閉まらないといった症状が発生し、その状態で無理に開閉すると、まれにドアが外れるおそれがある。

【メーカーの対応】
無料にて点検・部品交換を行う

【対象機種】
1996年~2001年に製造した以下の機種が対象
機種名はドアの内側に貼付の品質表示銘板で確認できます。
SJ-350JB(-H) SJ-EX488(-H) SJ-W358D(-G/H) SJ-WA48C(-C/H)
SJ-380JB(-H) SJ-LA410(-H) SJ-W359D(-C/H) SJ-WD38C(-H)
SJ-429EX(-H) SJ-LA429(-H) SJ-W35A(-G/H) SJ-WE38A(-G/H)
SJ-440JB(-H) SJ-LA480(-H) SJ-W35B(-G/H) SJ-WE38B(-G/H)
SJ-489EX(-H) SJ-LA489(-H) SJ-W429E(-H) SJ-WE44A(-G/H)
SJ-E35KC(-H) SJ-R35C SJ-W45CD(-H) SJ-WE44B(-G/H)
SJ-E410JB SJ-V35WB(-H) SJ-W489E(-H) SJ-WH350(-C)
SJ-E42KC(-H) SJ-V35WC(-H) SJ-WA35C(-C/H) SJ-WH380(-C)
SJ-E48KC(-H) SJ-V38WB(-H) SJ-WA38C(-H/P) SJ-WJ440(-H)
SJ-EX357(-H) SJ-V42WC(-H) SJ-WA41B(-G/H) SJ-WS350(-H)
SJ-EX418(-H) SJ-V44WB(-H) SJ-WA42C(-C/H) SJ-WX42C(-A/G/V)
SJ-EX447(-H) SJ-V48WC(-H) SJ-WA48B(-G/H) SJ-WX48C(-A/G/V)

【問い合わせ】
フリーダイヤル(無料)
0120-404-511
受付時間: (月曜~土曜)午前9時~午後6時
     (日曜/祝日)午前9時~午後5時
【インターネットによる申し込みサイト】
https://cgi.sharp.co.jp/support/announce/sj_appli_form.html



▼2004年2005年製ブラウン管テレビ 持ち手部またはその周辺が破損するおそれ

【メーカー告知サイト】
http://jp.sanyo.com/news/2010/01/29-1.html

【症状】
2004年10月から2005年9月の間に製造しましたブラウン管テレビの一部製品で、テレビの持ち手部を持って本体を持ち上げた際、キャビネットの強度不足により、持ち手部またはその周辺が破損することが判明

【メーカーの対応】
対象機種に対して無料点検を行い、不具合が見つかれば無料で部品(キャビネット)交換する。
なお、持ち手部を持って、テレビ本体を動かさなければ破損しない。

【対象機種】
下記機種のうち、2004年10月から2005年9月の間に製造された製品
製造年については、本体横に貼られてある製造年ラベルでご確認できます。
C-29A90
C-29AX100
C-29DT1
C-29SF50
C-28W60
C-28DT2
C-28SF60
C-28DT3
C-25A100
C-25AX100
C-25DT2
C-25SF60
C-21B80

【相談窓口】 「三洋ブラウン管テレビ相談室」 0120-34-0136(フリーダイヤル )
【受付開始日】 2010年1月30日
【受付時間】 9:00~19:00 (2010年2月28日まで毎日)
        9:00~17:00 (2010年3月1日以降、土・日・祝日は除く)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする