住宅用火災警報器の設置義務について

唐津市消防本部の場合

新築の場合
2006年6月1日から設置義務が適用されています。
既存の住宅の場合
2011年5月31日までに設置しなければなりません(福岡県の場合は2009年5月31日まで)

他の地域の方は総務省のホームページで確認できます。こちら→http://www.fdma.go.jp/html/life/juukei_gaiyou/gaiyou_index.html


どこにつけるの?
基本的な考え方は、就寝中の火災時に逃げ遅れを防ぐために設置します。

①寝室
②寝室がある階の、階段
③寝室がある階から2階層下がった階段(寝室のある階の1階下の階段に、住宅用防災警報器が設置されている場合は必要ありません)
④寝室がある階(避難階に限る)から2以上うえにある階に、人が使用する部屋がある場合は、最上階の階段
⑤①から④までに該当しない階で7㎡以上(約四畳半以上)の人が使用する部屋が5以上ある階の廊下(廊下が存しない場合は階段)
keihou01

keihou02

keihou03

keihou04

keihou05

keihou06

keihou07

keihou08

keihou09

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする